さいたま市のこわ~いパート看護師さん!でも、とっても人情厚い方なんです。

半年くらい前でしょうか、深夜、就寝中にいきなり背中から後頭部にかけて、激しく痛むようになりました。
痛みは強く、表現しにくいのですが、締め付けられる感じです。
最初救急車を呼ぼうか迷いましたが、10分くらいでしょうか、痛みは次第に治まっていったので一時的なものだと判断して、気にしないようにしました。

ところがほぼ一週間後、また同じ様な痛みに襲われたんです。
そのときも同じ場所で同じ痛み、そして10分~で治まる…。
流石におかしいと思い、ある心配を抱えて定期通院している掛り付けのさいたま市にあるクリニックを訪れました。

実は私、2年ほど前に脳出血を患っており、今回は脳出血そのものではないにしても、脳の異常を少なからず疑った訳です。
脳出血のことは、クリニックの先生にも当然話してあるので、先生もそれを疑いCTを撮ることになりました。

結果を言えばCT検査で異常は発見できず、先生はあることを疑い、エコー検査と血液検査をすることに。先生が疑っていたのは「胆石」でした。
エコー検査で石は見つかりませんでしたが、その痕跡?なりかけ?らしきものは見つかりました。
恐らくは、石が取れて動いた際に、背中や頭に痛みが走るのだろう、とのことです。
血液検査の結果を待ちますが、胆石だろうとのことで、「ウルソデオ」という錠剤が処方されました。

一週間後に血液検査の結果を聞きにいくと、血液検査で裏付けられたようで、「ほら、ここの数字」と結果の表で説明(どの項目かは失念)。
薬を飲み始めてから痛みがくることはなかったので、しばらく飲んでいましたが、一月くらい薬を飲んで、薬がつきたところで薬を止めてしまいました(というか、クリニックに行かなかった)。

そのすると、何日かあと再びあの痛みが来てしまいました。
薬の服用を勝手に止めたからなのかは、正直分かりませんが、またクリニックで薬を処方してもらうことに…。
一回目の血液検査から3ヵ月、二回目の血液検査で数字が改善していたので、多分次回の診察で胆石の薬は終わると想像しています。
看護師さんにも「勝手に通院をやめないでくださいね!必ず次の診察にも来てくださいね」と釘を刺されました。トホホ・・・。
結構キツイパートの看護師さんがいるんです・・・ここの病院。
【看護師求人さいたま市パート】
でも、それも患者のためを思って強く言ってくれているんだと思います。

今度は判断は勝手にせず、医師の判断に従いますけどね(当たり前!)。